<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

良さそうな「12月27日(火)」

 今日も病院へ行く。
 ジイサンは大分回復してきているが、退院は年明けになるのは間違いない。

 昨日もオペをしたようだが、至って元気。

 我が家とジイサンの家を、妻と4人の子供達に片付けさせたので、今後の生活の準備はできている。

 今日も一緒にリハビリや、歩行訓練。

 かなりいい方向に向かっている予感。

 気分良く帰宅し、きれいに片づけられた部屋で筋トレ。

 一家で協力できれば、怖いものはない。

 長男は、「年が明ければ受験」と焦り気味だったので、将来の大きな目標を明確にし、「そこ」へ確実に向かうようにだけ伝えた。

 大きな目標のためには、転んでも、回り道しても、焦らずゆっくり進むしかない。

 目の前の通過点コケても、そんなことは一瞬だし、将来の笑い話のネタになるよう、折れない気持ちを持ち続ければいいのだ。

 成績が悪いオヤジが偉そうに語ったところで説得力はないが、デキが悪くても無事に生きているという見本を示しているので、そのような意味では説得力があったようだ。

 明日は、どのような一日になることやら・・・
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-28 01:02 | 家族 | Comments(2)  

杖「12月25日(日)」

 今日は、頼まれていた「杖」をジイサンの所へ持って行った。

 どう見ても頑丈そうな自分を、「杖」で判断したのか、電車でもコンビニでも親切な方々が多い。

 親切にされた分、杖を使わなければいけないか、悩ましかった。
 世の中に暖かい方々が多いのは、間違いない。
b0155973_23323398.jpg

 21時過ぎに病院から帰宅。

 今日は妻が、家の片づけを2件分やってくれた。
 自分の読書・トレ・ビール工房部屋がスッキリきれいに!

 そんな訳で、みんなで吉野家で晩御飯。
 家族6人でのご飯は久しぶり。
b0155973_2332552.jpg

 そのまま買い物に出て、デザートやら好きなものを子供達に与えた。

 帰宅して、筋トレや出来なかった学習。

 自分に投資できる時間は確実に少なくなったが、時間をケチらない。
 そして、悪い状況の時こそ、良くなったときにどのようにするべきか、実際どれだけ出来るのか、考えるだけでワクワクしている。

 長男・次男・妻は4階に眠りに行った。
 1階は、長女・次女・自分で眠る。

 「捨てられない」自分の代わりに、妻が一気に「捨てて」くれて家2件分の整理整頓をしてくれた。
 ありがたい。

 今日も、いい一日。

 
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-25 23:33 | Comments(0)  

少しずつ「12月24日(土)」

 今日も病院へ行く。
 ジイサンからは、台湾に住んでいる兄貴からの手紙を読むよう指示された。

 正直なところ今まで感じていたのは、今までの兄貴の手紙は抽象的で本音が隠されているような内容が多かった。

 辛いことや、苦しいことは表現したくなかったのかもしれない。

 しかし、今日読ませていただいた手紙は、正にというか、さすが我が兄貴、するどく両親への思いが書かれていた。 

 次男で親の直近にいる自分自身でさえ表現できない思いを、見事に手紙で「表現」してくれた。

 僕は、しつこい性格なので、子供の頃の記憶が兄弟の中で一番残っていると思っていた。

 しかし、兄貴の手紙には、必死で家族を思う父の気持ちや、それを理解する亡き母の思いが鋭く表現されており、こんなに感じてくれていたのかと思うと、眼に熱いものが込み上げてきた。

 電車に乗り遅れ、ドアに挟まれそうになった時に、全身で子供達を守ったジイサン。
 あの一件を、兄貴が覚えてくれていたのは本当に嬉しい。

 実は、僕以上に様々なことを覚えているのだろうから、次回はぜひ披露してほしい。

 僕は、兄貴の手紙を読んで、兄貴の方がはるかに両親への色々な思いがあり、その思いを胸に込めて何かを返すために、リスクの高いであろう海外で起業したことを今回初めて知る。

 険しい道のりを、あえて選んだのは、両親への感謝の気持ちの他ないはずだ。
 僕には、とても出来ない。

 僕自身、生き抜く術を考え続け、子供達を育てるのが使命。
 妻も、これでもかという位、僕に協力してくれる。

 妻という、一番敵に回したくない「怖い」人間を、味方に付けたのだから「怖い」ものはない。
 子供達も、妻を尊敬しているはず。

 兄貴の手紙の内容から、一弟として「僕」という表現になってしまったが、世の中の一員である「自分」は更に突き進むのみ。
 不安だらけだけど・・・
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-25 23:31 | Comments(0)  

自力歩行「12月22日(土)」

 ジイサンが、歩行器なしで少しだけ歩いた。

 歩行器なしでもグイグイ歩くかと予測していたが、考えが甘かった。
 しかし、ようやくここまでたどり着いたのだ。

 夕食が終わる頃、看護学生が合唱しながら患者さん一人ひとりに、贈り物と手紙を置いて行ってくれた。
 素直でないジイサンも、喜んでくれたはず。
b0155973_10434213.jpg

 電車を降りて我が家へ向かう。
 一見、なんでもない風景。

 街はクリスマス一色。
 しかし、健康でなければ、当たり前のように味わえない風景だということを、この歳になって初めて思い知らされている。
 健康一番。
 病室で出来なかった、筋トレと調べ物をして休んだ夜。
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-24 10:44 | Comments(0)  

久しぶり「12月21(水)」

 1ヵ月半ぶりに、運動公園へ行った。
 嬉しい!
 軽く走っただけだが、幸福感を味わえた。
b0155973_263371.jpg

 妻が病院へ行ったので、晩御飯を準備。
 
 試験的に末っ子の汚い部屋で、一人アパート暮らし独身男性をイメージして鉄板焼き。

 子供達は、大満足。
 たまには、こんな食事も面白い。
b0155973_265495.jpg

 地域の方々や、学校の先生方のお陰で、子供達から何も聞かなくても、生活に不満がないことは分かる。

 中学生の長男と長女は、聞かなくてもうるさすぎるくらい、その日の出来事を話す。
 外では静かにしている反動だと思う。
b0155973_271598.jpg

 今日も無事に過ごせるのは、世の中の安定のお陰。
 全ての方々のお陰。
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-22 02:07 | Comments(0)  

一難去ってまた一難「12月19日(月)」

 今日ジイサンのところへ行くと、ペースメーカー入れる入れないの話になっており
驚いた。
 ジイサンは納得いかないらしい。

 お互いに重たい気分になったが、全ては時間が解決してくれる。
 最善の選択・行動するようにするのみ。
b0155973_13613.jpg


 帰宅して、疲れた体にムチを打って、筋トレを実施。
b0155973_132232.jpg

 遅い時間になってしまったが、体を動かしだすと更なる動かしていたくなる欲求にかられる。

 体力を十分に残しながらも熱い風呂に浸かり、リラックス。

 憧れは、文武両道の生活。

 やはり、ストレスは体力消耗が一番。

 余った体力は、寝床で読書。

 まあまあの一日。
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-20 01:03 | Comments(0)  

霜柱「12月18日(日)」

 小学生の頃、大好きだった霜柱を街中で見つけた。

 登校中に、盛り上がった土をザックザク蹴ると霜柱が出てくるので、時間を忘れて踏みつぶしたものだ。
 そして、友達に投げつけたり・・・

 下校中に同じ場所へ行くと、霜柱は融けてドロドロになっているので、靴でヌルヌルをいじくって遊んだものだ。
b0155973_10173012.jpg

 未だ、小学生の頃の気分は抜けていない。

 体は大人になっても、何かの拍子で子供に戻ることがよくある自分。

 しかし、自覚はないが確実に老いているのだ。

 病院のジイサンを見舞うたび、お互いに歳を取ったと感じるが、良い年の重ね方をしている。

 この先どのようになるのか予測がつかないが、楽しく過ごすのみ。

 
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-19 10:17 | Comments(0)  

第一歩「12月16日(金)」

 今日もジイサンを見舞う。

 そして、ようやく歩行器を使って、2分かけて20歩位歩けた。
b0155973_10161871.jpg

 まだまだ障害が多いいが、ようやく大きな一歩を踏み出せた。

 夫婦共に、ジイサンの確実な回復を確認し、喜びを味わう。

 まだまだ先は長いだろうが、焦らずイラつかずに、みんなで協力して一歩一歩を確実に踏み出そう。
 
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-19 10:15 | Comments(0)  

校内マラソン「12月15日」(木)

 小学校のマラソン大会を見に行った。

 朝から体の調子が悪かった次女は、1位だった。

 末っ子は、最初から最後までトップを争う。
b0155973_10153052.jpg

 結局2位だった。

 走り終えて、末っ子が泣いていた。

 末っ子が悔しがっている姿を初めて見た。

 4人兄弟の中で、末っ子だけ1位の経験がないが、大切なのは結果でなく悔しさを体験することと、後悔なんかしないで前に進むこと。

 入院しているジイサンも同じ。

 ベッドから動けないが、必死に社会復帰に向けての「心」の準備をして前を向いているのが分かる。

 自分自身も、夫婦で協力して自分達や子供達の環境を整えながら、目標に向かって突っ走るのみ。
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-19 10:14 | Comments(0)  

筋トレ「12月13日(火)」

 帰宅して、晩御飯やら洗濯物やら、風呂を洗ったり忙しい。

 下3人の子供達に晩御飯を食べさせてから、合間にトレ。
b0155973_22471576.jpg

 主夫の雑用は結構ある。

 子供達に期待するのも可愛そうなので、1人で黙々とこなす。

 それでも、胸や背中、腹筋はかなり効いている。

 背中の筋肉が張って気持ち悪い。

 体力を消費して、ストレスを解消するのはいい方法だ。

 しかし、ジョグをしたりビールを作る気力は今はない。
[PR]

by ttsmyt | 2011-12-13 22:47 | トレーニング | Comments(0)