境目「6月14日(水)」

 我が家から走って5分かからず市街化調整区域に入る。
 つまり、都市から何もない風景に一気に変わる。

 自分はこの「境目」が大好きだ。
 試験でのボーダーラインも境目だし、ギリギリ通るか通らないかで気分が変わる。

 しかし、常に人間は余計なことに惑わされず、努力が必要なのだ。
b0155973_23314956.jpg
 運動公園に到着すれば、迷いの境目に悩まされる。
 適当に長い距離を走るのなら、筋肉や心肺機能に負担がかからず気分転換できる。

 しかし、ペース走やインターバルは、身体全身や精神を追い込むためきついのだ。

 そのキツイことをやるか、とりあえず時間をこなすかは本人次第。

 今日は、まだまだ体が無理できないと考えジョグで流した。

b0155973_23320911.jpg
 
 帰宅して学習に備え、メガシャキを飲んだ。
 グラスにあければ、毒々しさはなく普通の飲み物。

 ここでも境目の選択を迫られる。

 学習机に座って学習しながら、合間に伏せて睡眠を入れるか。
 メガシャキの効用で頑張るか。
 布団で3時間くらい寝て、気分転換して攻め込むか。

 いつもこのだるさとの戦いの最善方法を考えてしまう。

b0155973_23321826.jpg
 逆に、ジョグの時間を午後にするのも一つの作戦。
b0155973_23322587.jpg
 境界線の利用法を考えながらも、現実は自分の「欲」や「楽」に流されてしまうのだが、早く目標を達成させたいのなら、やるべきことに集中し、惑わされることは何もないはず。

 これからも、睡眠やトレの時間を含め、優先順位の判断を間違えずに頑張るしかない。


[PR]

by ttsmyt | 2017-06-14 23:32 | 思うこと | Comments(0)  

<< 大酒飲みを目指す「6月14日(水)」 子供離れ「6月12日(月)」 >>